アントシアニンとは?

8cf127575d21b79ee58aa75b9d70bd55_s
 
 
ひとみひとみ

アントシアニンは抗酸化物質の一種であり、古くから目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があることで知られています。

 
更にそのはたらきは目だけではなく美容生活習慣病予防に関する効果も期待されており、健康にも良いということがわかってきました。
 
わたしたちがふだんよく目にする野菜や果物に含まれるフラボノイド系の色素がアントシアニンで、語源はギリシャ語の「antos(花)」と「cyanos(青)」から来ています。

アントシアニンのよく知られている効果効能と摂取方法

ロドプシンへはたらきかけるアントシアニン

網膜にあるロドプシンが光の情報を受け取る役割をするのですが、その「ものを見るのに必要なロドプシン」の再合成を助けてくれます。それにより目の疲労回復をサポートしてくれるのです。
 
アントシアニンに期待できる効果効能としては下記が挙げられています。
 
042522免疫力を向上させる効果
動脈硬化などの生活習慣病の予防
眼精疲労や白内障等の予防や改善
抗酸化作用によるアンチエイジング
 
*白内障に関しては予防としては効果的とされています。
 一度なってしまったらお薬やサプリ等では治りませんので早めの対策が安心ですね。
 
効果に対して気になるのは副作用ですが、基本的に野菜や果物に含まれている成分であり、よほどの過剰摂取などをしない限りは副作用の心配はまずないといえます。
 
*万が一摂りすぎた場合は尿で排泄されますので安全性は高いです。
 
摂取方法としてはそのまま食べるのはかなり大変なので、サプリメント等で摂るほうが簡単で続けやすいです。
 

アントシアニンを多く含む食品の一例

 
bcac06167e286616d9470d446c069456_sクランベリー-、ボイセンベリー、カシス、ハスカップ、ブルーベリー、
 
ブラックベリー、プルーン、 ビルベリー、アサイー、 ラズベリー、
 
ブドウ、リンゴ、イチゴ、ムラサキキャベツ、ナス、黒豆、黒ゴマ、
 
赤たまねぎ、赤シソ等などです。実際にはまだまだあります^^;
 
*アントシアニンの一日の摂取目安量は40mg~90mgが良いと言われているので食事だけで摂るのは大変ですね。

アントシアニン入りおすすめサプリメント

antアントシアニンを継続的に取り続けることで予防や対策となりますが、食べ物で取り続けるのはなかなか大変です。
 
またアントシアニンは体内で24時間経つと消えてしまいます。そのため継続的に摂り続けなければ意味がなくなってしまいます。
 
そこでわたしも1年前から「めなり」というサプリメントを飲み始めたのですが思いの外、優秀でした。
 
あとで知ったのですが、そのサプリにはアントシアニン(北欧産ビルベリーエキス)だけではなく、一緒に摂ることで吸収率が203%もアップするルテインもバランス良く配合されていました。
 
それ以降も何種類も飲み続けてきましたが、現在では「めなり」が一番続いています。
 
わたしの場合は特に目の疲れ、肩こり、頭痛などがひどくてなんとかしたくて目に良さそうなサプリを探し続けていました。
 
 
さくらの森 めなりは今77%OFF(907円)で15日間全額返金保障のキャンペーン中です。
 

アントシアニンがたっぷり入った「めなり」

menari-5
 
ひとみの体験レビュー

さくらの森「めなり」の効果実感 疲れ目・眼精疲労・スマホ労眼に最適