FANCLえんきんから「スマホえんきん」が新登場

ひとみひとみ

「えんきん」といえば、目のピント調節機能が期待できるサプリとしてテレビコマーシャルや雑誌などでもよく見かけますよね?

 
アイケアコンシェルジュひとみも「えんきん」は実際に飲んでみたことがあります。

 
 
その「えんきん」に仲間が新しく登場しました。
 
その名もズバリ、スマホ労眼対策サプリ「スマホえんきん」です。
 
 
「えんきん」は、40代~60代の中高年の方を対象に作られた “ 老眼 ” のためのサプリでしたが、 「スマホえんきん」 は20代~30代の若年層のスマホやパソコンをよく使っている方を対象とした、“ 労眼 ” のためのサプリとして作られたものです。
 

「スマホえんきん」と「えんきん」を比較

「えんきん」と「スマホえんきん」の差をわかりやすく表にまとめてみました。
 
品名
えんきん
スマホえんきん
写真
症状
老眼
労眼
年齢層
中高年層(40代~)
若年層(20代~30代)
機能性
目のピント調整
目の疲労感の緩和
成分
ルテイン10㎎/
フリー体アスタキサンチン4㎎/
ビルベリー由来のアントシアニン57.6㎎/
価格
2,160/
1,563/
 
「スマホえんきん」の特徴は 目の疲労感 をケアしてくれる ビルベリー由来のアントシアニン が57.6㎎も配合されていることです。
 

ビルベリーが注目されている理由

・ブルーベリーの一種で北欧の野生種が元。
 
・アントシアニンの 含有量が多く 、他のベリーより3~5倍多く含まれている。
 
・アントシアニンは抗酸化作用に優れ、目のピント調整をサポートし焦点を合わせやすくする。
 
・毛細血管を守り血流を良くするので、眼精疲労や肩こりを和らげてくれる。
 
更に詳しく知りたい方は下記ページに詳しくまとめてあります。
 

ブルーベリーとビルベリーの違いと効果効能~飲むならどっち?

 
えんきん」と「スマホえんきん」の違いは公式サイトで詳しく見れます。
 

「スマホえんきん」の口コミ評判

「スマホえんきん」の口コミをアットコスメ等でリサーチしてみたところかなりの 好評価 でした。
 
*2017年11月よりパッケージが青色に変わりました
 
 
 
モニターさんがいるため多少の甘口評価?も否めませんが、わたしを含め普通に購入された方からの評価も良いので、全くあてにならない訳ではないと思います。
 
口コミで多かったのは、「手軽に飲める」「飲みやすい」「続けやすい」「頭痛や肩こりなどの軽減を実感した」という方もいました。
 
30代後半~40代の方はどちらを飲んでも良いのかもしれませんね。
 

パソコンやタブレットなどで 目を酷使する仕事 をしていたり、スマホをよく使う人は「 スマホえんきん 」が良いと思います。

 
頻繁に目を使うことはないのに、「手元がぼやけてきたり」「ピントが合わない」「細かい字が見えにい」と感じているならば「 えんきん 」を試してみると良いですね。
 
スマホえんきん公式サイト

スマホえんきん

 
40代後半からはピント調節機能「えんきん」

【ファンケル】今ならもれなくもう1袋付き!目のサプリメント「えんきん」

 

どちらも安心の返品、交換 無期限保証がついているので安心ですよね