Q:スマホ老眼や眼精疲労は「目薬で改善」できる?

A:目薬の効果はその場しのぎには良いが「効果が続かない」

 
d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s
 
疲れ目や眼精疲労を手っ取り早くなんとかしたい時には、目薬をさしたくなりますよね?
わたしも過去にいろんな目薬を試してきましたので、その気持ちはとてもよくわかります。
 
確かに目薬をさした瞬間は、目が潤ったりスッキリしたりするのですが、一時的な解消にしかなりません。
 
3ac0b0679b975c532184e5ef6be9255a_s
単なる目の疲れなら目薬をさしたり、少し休めていれば治ると思いますが、慢性的な目の疲れになると、肩こりや頭痛とかなりつらい症状が続きます。
 
目を酷使している今の生活環境では根本的な改善は難しいとは思いますが、それでもなんとか改善しなくては目の疲れはひどくなる一方です。
 
当サイトは、わたしと同じように仕事や生活習慣を変えられない人のためのアイケアサプリの研究所ですので、少しでも参考になることがあればうれしいです。
 
スマホ老眼とは? 
65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s
スマホ老眼はスマートフォンなどを良く使う人が、目を酷使し続ける事によりモノを見る力が弱まっていることを表現することばです。
 
・手元の文字が見えづらい
・近くのものにピントが合いにくい
・視界がボヤける
・頭痛や肩こりなど眼精疲労がひどい
などの症状が見られます。
 
スマホ老眼は加齢による老眼と同じような症状ですが、普通老眼は40代過ぎから自覚しはじめる人が多いところ、スマホ老眼は20代や30代から自覚する人が多いのが特徴です。
 

スマホ老眼や眼精疲労に効く 目に良いサプリの選び方

1a46fcfe52fbfdf6b114dc726a6333dd_s
 
目に良いと言われているサプリだけでも、実にたくさんの種類があります。
 
それぞれに特徴はありますが、自分の身体に合うものでなければ、なかなか期待する効果は得られません。
 
なんだか成分や安全性が気になるし信憑性に欠ける、と思ったものはやめた方がいいでしょう。
 
IMAG0136a
選ぶポイントとして、「配合成分」「配合量」「組み合わせ」などは重要ですね。
 
眼病予防に良いとされている『ルテイン』、抗酸化作用の強い『アントシアニン』『アスタキサンチン』、目に栄養を与えてくれる『ビタミン類』などの成分品質と配合量によって、目の疲れ具合や症状に適しているかが変わってきます。
 
管理人ひとみが最近気に入ってるのは、眼病予防や眼精疲労に効果の高いルテインが多く配合されている さくらの森【めなり】です。
 
わたし自身が実際に飲んでみてわかったのですが、めなりはスマホ老眼にはピッタリのサプリなんです。
 
スマホやパソコンを見続けても「目が疲れにくくなり」「軽くなった」のがちゃんと実感できてとても嬉しかったです!
 
アイケアコンシエルジュひとみが実際に体験したレビューを書いてみました。配合成分やサプリの特徴、飲んだ感想を詳しくまとめていますので、よかったら参考にどうぞ。
 

さくらの森「めなり」の効果実感 疲れ目・眼精疲労・スマホ労眼に最適