飛蚊症の症状と原因

e8c98b1520f75f6e120b621f78cc2d4b_s
 
飛蚊症の症状は、目の中に黒い虫のような物体が常につきまとい、その見え方は人にもよりますが、気になると何をしても取れることはなく、目の動きに合わせてどこまでもついてくるので、かなりのストレスを感じる人が多いようです。
 
飛蚊症の原因は、主に「目の老化」「ストレス」などが原因と言われています。
 
特に40代や50代くらいから、飛蚊症の症状を自覚される人が多くなってきます。

飛蚊症の治し方

c92f8823fbfa9feb3dcb4114059d3bda_s
眼科に通ったり目薬で治れば良いのですが、残念ながら飛蚊症の改善に有効的な治療法はなく、慣れていくしかないようです。
 
そんななか、「飛蚊症改善」でリサーチを続けていると、“ 食品 ” “ サプリメント ” で飛蚊症の症状が軽減したり回復したという人がいました。
 
食事で摂取する場合は、手軽安全ですが、毎日同じメニューだったり、結構な分量を摂り続けることが大変で、続かない場合がほとんどです。
 
最近、飛蚊症の改善や対策に注目されているのが、目に良いと言われている “ サプリメント ” です。
 
サプリメントなら、1日数粒程度を飲み続けるだけで簡単に摂取できますし、辛いストレスから開放される可能性があるのなら試してみたいですよね。

飛蚊症にはルテインが効果的?

bcac06167e286616d9470d446c069456_s
飛蚊症に対し効果が期待できる成分は、“ ルテイン ” ということがわかりました。
 
もともとスマホ老眼で目のサプリを探し始めたひとみですが、近ごろ飛蚊症の傾向が少し見られるようになってきました。
 
そこで飛蚊症対策を兼ねて、自ら購入し検証した目のサプリ + 体験談をいろいろまとめていきます。
 
たとえ有効的な治療法はなくても、原因がわかれば対処法もわかってきますし、“ 目に有効的なサプリ ” を継続的に摂取することで症状の軽減進行がどの程度改善できるのかもわかって来ると思います。
 

アイケアコンシェルジュおすすめの目に良いサプリ

ルテイン効果とは?

“ ルテイン ” はカロテノイドの1種で、強い抗酸化作用の効果があるため、老化による目の不調にも症状を和らげる作用があります。
 
このルテインは元々人の体内にある成分なのですが、年齢とともに減少してしまうのに対して、からだの中で作ることができないため、外から摂取しなくてはならないのです。
 
ひとみは今までに、やわたの『北の国から届いたブルーベリー』やファンケルの『えんきん』、リフレの『ブルーベリー&ルテイン』、さくらの森 『めなり』等のサプリを10種類以上試してきました。
 
どれも、それなりに目の疲れが軽減するなどの効果は感じられたのですが、その中でもさくらの森「めなり」は、飛蚊症にとても有効的な成分ルテイン12mgと、他の2つに比べて最も多く含まれています。
 
IMAG0136a
更に、目の老化を防ぎ・守ってくれるビルベリー・ゼアキサンチン・クロセチン・βカロテンなど目に良い成分をたっぷりと配合しているのが特徴です。
 
めなりは「防ぐ力」「守る力」の2つの有効成分を多く含む目のサプリです。
 

ルテイン含有量比較

さくらの森 めなり 12mg
ファンケル えんきん 10mg 
リフレ ブルーベリー&ルテイン 6mg
最近は少し目にちらついていたものが、ほとんど気にならなくなってきたので、わたしには効果があるのだと思います。
 
あきらかに目が疲れにくくなり、手元がスッキリしてきた実感はあります。
 
症状や進行度合いによっては感じ方が違うと思います。
それでも少しでも軽減する可能性があるのなら、一度試してみるのも良いかもしれませんね。
77%OFFの特別キャンペーン中

ビルベリー&ルテインサプリメント めなりの公式サイト

 

さくらの森「めなり」の効果実感 疲れ目・眼精疲労・スマホ老眼に最適