アスタキサンチンの効果効能と摂取方法

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは鮭やカニ、いくら等の魚介類に多く含まれており、海のカロチン(カロテノイド)とも言われています。
 
アスタキサンチンは目の奥の細部にまで入り込めるので眼精疲労に良いと注目されている栄養素です。
 

アスタキサンチンのよく知られている効果効能と摂取方法

アスタキサンチンの効果、効能は高い抗酸化作用があります。
 
頭痛、肩こり、目の痛み、眼精疲労や眼病予防に効果を発揮することで知られています。
 
またアイケアだけに限らず美容(美白や美肌)や動脈硬化予防効果、免疫力アップ、ダイエットにも良いとされています。
 
摂取は1日6mgが良いとされていますがサプリメントだと効率良くとれるので続けやすく効果も期待できます。
 
含有量などをしっかりみておかないと取りすぎてしまうこともありますが、特に気になる副作用などは報告されていないためあまり気にしすぎる必要はないでしょう。
 
ただしいくら体に良いことばかりだとはいえ取り過ぎは控えたほうが無難です。

アスタキサンチンを多く含む食品の一例

魚類や甲殻類に多く含まれています。

紅サケやマスなどの身、イクラや筋子 マダイやキンメダイ、キンキやメバル 甘海老、桜えび、車海老、伊勢海老、 オキアミ、ロブスター、ザリガニ、毛ガニ 熱を加えることでみが赤くなるもの…ということですね。

眼精疲労や肩こりにアスタキサンチン入りサプリメント

魚介類が好きな人にとってアスタキサンチンを摂取することはそんなに難しいことではないと思います。

毎日1食は魚介類を摂り入れることで効率よく摂取できます。

でもいくら好きでも毎日だと飽きてしまい、たまには違うものが食べたいと思うこともありますよね。

そんな時はアスタキサンチン入りのサプリがオススメです。

毎日メニューを考えたり、料理する手間が省けてカプセルをぽんと口に放り込むだけで効率よくアスタキサンチンが摂取できます。

体に必要な栄養素は、無理なく簡単に継続して続けられることが望ましいですよね。

わたしも以前、眼精疲労や肩こりに悩まされてきました。

辛くて夜も眠れないぐらいだったのでサプリを飲み始めました。

目薬や体操では一時的な回復ですぐまた辛くなっていたので継続して摂取できるのはありがたかったです。

その時の体験レビューがありますので興味のある方は読んでみてくださいね。

さくらの森「めなり」の効果実感 疲れ目・眼精疲労・スマホ労眼に