目の疲れと睡眠の関係

わたしたちには睡眠は必要不可欠です。

人によって理想の睡眠時間は違いますが、平均7時間前後は必要とされていますよね。

からだの疲れを取らなければ、体力は回復しないので免疫力が落ちたり、病気になりやすくなったりします。

目の疲れも同じです。

目は起きたときから眠るときまで、使い続けています。

歩くのもごはんを食べるのも、仕事中も休憩中のスマホやケームなども全て目を使っています。

からだと同じく目をきちんと休めてあげないと視力も落ちていきますし疲れやすくなるんです。

睡眠で必要なのは時間よりも質

人によって最適な睡眠時間が違うのは、疲れ方や活動内容による生活環境も関係があると思いますが、量(時間)より質が大切です。

そして睡眠をただ取るだけではなく、良い眠りにつけるように寝る前にはパソコンやスマホなどはみないようにすること。刺激物は控えることなども意識してくださいね。

寝る直前までゲームやスマホを見つめていると、深い眠りに入れません。

本を読んだりするのもいいですが、できれば軽いストレッチか、目の体操をすると良いです。

寝る前の10分間だけリセット体操

わたしはいつも寝る前には必ず軽いストレッチをしてから、首と肩、そして目もしっかりと温めてから眠ります。

それをするようになってから肩こりと目の痛みは少し楽になりました。

●簡単リセット体操

“ 屈伸と肩をゆっくり大きく前と後ろに回します。この時腕だけではなく肩からしっかり回すようにして下さい。

そして目の周りも優しくほぐすようにマッサージします。

おでこも疲れていることが多いので、おでこと頭のてっぺんを少し強めにぐりぐりと揉むと気持ち良いです。”

緊張がほぐれ、全身の血行が良くなってよく眠れるようにもなりました。

今飲み続けているサプリとの併用で、細かい字が疲れることなく読めるようになったり、コンタクトを入れても疲れなくなりました。

肩こりは寝る前のリセット体操も効いているかもです^^;

目のサプリとの併用はオススメ!でも注意も必要

サプリと共に生活習慣やリセット体操、食事のバランスを平行していけば、目の疲れもかなり変わってくると思います。    

ただしサプリはあくまで“ 食品 ”であるということです。

一定期間、食べ続けて(飲み続けて)少しずつ目に栄養を与えてくれたり、守ってくれたりすることで実感できるのだと思います。

一旦飲むのをやめてみた時にまた辛くなり字も見えにくくなったりと…違いがわかったので(*_*)やめずに今は続けています。

実際に飲み続けてみると、こんなにわかるものなんだなぁと実感できました。

*必ずしもサプリが良いとは限りません。お試しなどで試してみられてからでも遅くないと思います。

数年に渡り10数種類のサプリを実際に試して良いと思ったものをまとめてみました。

ひとみのお気に入り「アイケアサプリ」をまとめてみました↓

 

目にやさしいサプリまとめ | 眼精疲労・スマホ老眼予防対策

ルテインサプリのまとめ | 眼病予防や老眼対策

 全てのまとめページは、当サイト管理人個人が体験した感想を元に作成しています。