老眼とスマホ老眼の違いと予防法

e58216e6aa710e52331de65bcdd365bc_s
加齢による近くの文字が見えない文字がぼやける等の症状を「老眼」 といいますが、大体40~45歳前後から自覚する人が多いのが特徴です。
 
近年では、まだ20代や30代なのに同じような症状が出てしまう「スマホ老眼」という言葉をよく耳にするようになりました。
 
それに関連した目の疲れ解消のためのサプリや目薬、予防方法、チェック&改善法やトレーニングなどの情報も増えているのですが、それだけスマホ老眼の症状を感じる人が増え続けているからだと思います。
 
本日は、スマホ老眼と老眼の違いとその対策についてまとめました。

スマホ老眼とは?

s-479810まだよく知らなうという人のためにもう一度ここにまとめます。
 
スマホ老眼とは、パソコンやスマホなどを長時間見続けることで、老眼のように近くの文字がぼやけて見難くなることを言います。
 
一般的な老眼と違って20代や30代に多く見られ、中には10代からスマホ老眼になる人もいます。
 
その症状は
遠くのものは見えるのに近くのものが見えない。
薄暗いところでは文字が見難くなる。
眼の焦点が合いづらい
 
更にひどくなるとd48985e9433572f810806e7bea6c01df_s
目の疲れや目の痛み
肩こり、頭痛、吐き気等も伴います。
 
原因は、特にスマホ等の小さい画面を見続けることによる目の疲れから、目のピント調整能力が低下してしまうことです。

老眼とは?

老化による調節機能の低下で調節できる範囲が少なくなります。362937
 
水晶体の弾力性が弱まり、調節力が低下した結果、近いところが見えにくくなるといった症状のことをいいます。
 
目に良い食べ物(予防と対策)
ルテイン(緑黄色野菜)
アントシアニン(ブルーベリー(皮)ぶどう、赤ワイン)
コエンザイム(青魚、豆、ウナギ)
各種ビタミン類(ビタミンA/B1/B2/C/E)
 
*たくさん摂ればいいというものではなく、バランス良い食事が最も大切です。また目のサプリメントは、1日数粒飲むだけで、必要量が手軽にとれるのでおすすめです。

スマホ老眼 症状改善のためにできること

スマホやパソコンを見る時間を減らす
目が疲れてしまう前にこまめに目を休めるだけでもかなり違います。
 
長時間続けて見ないで合間にまばたきをしたり遠くを見る、目をつむるだけでも違います。
なるべく距離を離す
スマホ等を見る時、なるべく離して見るようにすると疲れも軽減します。
 
目を温めたり、軽く目の運動をするのも良いと思います。
 
スマホ老眼についてさらに詳しく知りたい方は↓
 
 
 

ひとみのお気に入り「アイケアサプリ」をまとめてみました↓

 

目にやさしいサプリまとめ | 眼精疲労・スマホ老眼予防対策

ルテインサプリのまとめ | 眼病予防や老眼対策

 全てのまとめページは、当サイト管理人個人が体験した感想を元に作成しています。